のびろ のびろ 天まで のびろ

保育の原点は、子供の可能性を信じることです。
子供の中に眠っている力は、1つぶの小さな種と同じです。
天にむかってぐんぐん伸びていく大木も元は小さな1粒の種。
子どもという種に毎日せっせと水をやり、肥料を与え、太陽の光を注ぎながら「のびろ のびろ 天まで のびろ」という呪文を唱えると、未知の力が子供の成長をいざないます。
子供の可能性を信じることから一緒に歩み始めましょう!

彩の国保育園最新情報

     今年も、戦争のおはなし会はプロジェクターで鑑賞

 地域交流の一環として、近所にお住いのボランティアの方に、読み聞かせをお願いしていますが、終戦記念日の8月の月は、特別に戦争にちなんだお話をしていただきます。コロナが流行ってからは、来園は控えて、ボランティアの方のご自宅にお伺いして、お話しているところを動画撮影させていただき、子ども達は保育園でプロジェクターを用いて視聴しています。今年は、戦後77年目を迎えますが、年々戦争体験者が少なくなっていく中で、戦争を体験した方から直接戦争のお話を聞くことが出来ることは、貴重な体験学習です。今年は、夕涼み会が終わってから8月29日(月)に行う予定です。どんなお話を聞かせてくれるのでしょうか?
 一方、先生たちによる読み聞かせも毎月行っています。今月は「字のないはがき」を読みます。この絵本は、向田邦子原作の家族の戦争体験のお話です。たった一人で疎開していたちいさな妹に起こった辛く寂しい出来事を絵本にしたものです。戦争は、いつの時代も、幼い子ども達が犠牲になります。平和な日本を子ども達にバトンタッチできますようにと祈らずにはいられません。そして、世界から一日も早く戦争がなくなりますように・・・

子どもの広場

『トイレトレーニング頑張ってます!!』
トイレトレーニング真っ最中のよつば組さん。
少しずつトイレにも慣れ、排泄が出来るようになってきました。
トイレから出る時は写真を見ながらスリッパを揃えてくれます
最近では、お友だちにも指を指して教えてくれる姿が
使ったらきれいに戻すという習慣が身に付いていますね!えらいです

PAGE TOP